貼り箱製作会社 ハマノパッケージ ホーム > ハマノパッケージについて > ハマノパッケージ物語 > 貼り箱を通じてお得意様の商品をより一層売れる商品に コンサルティング

ハマノパッケージ物語

貼り箱を通じてお得意様の商品をより一層売れる商品に コンサルティング

箱の形状・デザイン性は向上していけるが、
いざお得意先様が商品をお店に並べたときに、来られたお客様が手を伸ばしていただけるのか、
手にとっていただけるのかは我々が今まで考えなくてもよかった領域かもしれない。

しかし、商品が売れるためにはお得意先様が潤うにはお客様の心理の部分まで入り込んで
それを形にする必要があると思った。

そこで貼り箱製造会社が今までやらなかった領域に踏み込んだ。
それは『お客様の心を読み購買欲に訴えかける』だった。
そこには、喜び・楽しみ・驚き・安心・センスよく、などそこには感動という一つのキーワードに辿り着く。
そしてお得意先様もお客様もハマノパッケージも含め三者が嬉しいとか喜ぶとかがイメージできた。
これこそが忠の求める貼り箱のあるべき姿だった開は社業を忠に委ね平成19年に忠が社長に就任した。
新生ハマノパッケージの始まりであった。

メールでのお問い合わせ
  • お客様の声
  • 貼り箱制作実績
  • コンセプト商品紹介
  • 工場紹介
  • 工場紹介
ハマノパッケージの流通加工
ハマノパッケージ物語
スタッフブログ
お知らせ・更新情報